スペイン紙『Mundo Deportivo』が-クラブ(メンズ)

スペイン紙『Mundo Deportivo』が-クラブ(メンズ)

【J1採点&寸評】神戸2-1松本|勝利の立役者は鮮やか先制弾のビジャ!高徳 「タイの選手だって同じことをしていたよ!」
【J1展望】松本×G大阪|エクアドル戦の悔しさ晴らすべく快足アタッカーが強行出場も? 次の試合も必ずチャンスがある」 | サッカーダイジェストWeb
article スペイン紙『Mundo Deportivo』が
ともに勝ちたい気持ちがピッチに色濃く出た白熱の試合に!

金星を逃がした反町監督から感じ取れた本音は?

抗酸化工法で施工することにより、続々とホルムアルデヒド・VOC 「ゼロ」という驚異的な数値を達成し、真のシックハウス対策として普及が加速しています。
また、抗酸化工法により作り上げられた空間は、目に見えない善玉菌・悪玉菌のバランスを整えることにより“水を”、“空気を”、薬に 変え、健康回復のお手伝いをします。

【松本】結局はフィニッシュの精度をいかに高めるか
抗酸化工法で施工した住宅の写真
抗酸化工法イメージ写真

環境回復サロンの特徴は、抗酸化工法により施工された室内と、抗酸化溶液の効力を最大限引き出せるように、智慧と技術の粋を集めた抗酸化タイルを使っています。そして、床温を50℃前後に温めたタイルの上に寝ているだけで、酸化の鎖をはずす波長が身体を癒し、バランスを整えていく空間を作り上げています。室温は42~45℃で、湿度は0~20%前後に保たれています。
一般的に考えると、湿度ゼロであれば、のどや眼の粘膜が乾燥し、数分程度でさえ苦痛に感じます。しかし、環境回復サロンでは、一般的なサウナや岩盤浴のような暑苦しさ・息苦しさを感じません。

【J1採点&寸評】湘南 1-1 松本|グリーンダービーは痛み分け
FC東京が勝点1を積み上げ首位の座を死守! 17位・松本とのアウェー戦は0-0ドロー決着

施設全体を抗酸化処理することにより嫌な臭いもせず、雑菌やカビの繁殖も無いので室内は常に衛生が保たれます。
環境回復サロンにより、血液・リンパ液・漿液などの体液の循環を促進し、自律神経・免疫・ホルモンバランスが正常に働く効果が期待できます。
また細胞の新陳代謝を活発にして、皮膚を滑らかにします。さらに、体内に蓄積されてきた化学物質や老廃物を体外に出す作用(デトックス)がさまざまな病気に効果をもたらすと考えています。

抗酸化工法イメージ写真
【J1採点&寸評】横浜1-0松本|勝負を決めたE・ジュニオと大津を高く評価!松本は粘り強く守ったが攻撃陣は…
【松本】試合後の前田大然をベテランDFは「ほっといた」

スペイン紙『Mundo Deportivo』が-クラブ(メンズ)

ページトップへ