【横浜】いくつもの“青空ミーティング”が結束力をさらに高めて-ウエア

【横浜】いくつもの“青空ミーティング”が結束力をさらに高めて-ウエア

【J1採点&寸評】浦和0-3横浜|2得点・1アシストのM・ジュニオールが最高評価!スコア以上の内容で横浜が完勝 【日ノ本学園MF(6番)上田佳奈 & FW(10番)古賀花野 PHOTO】MF(6番)上田佳奈|写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)
「キリンチャレンジカップの中では多くの選手を試すことができ ポルトガル・メディアの月間ベスト11に選出!
article 【横浜】いくつもの“青空ミーティング”が結束力をさらに高めて
【G大阪】5戦連続ドローも“追いついて”の引き分けはポジティブ? パトリックの見解は?

横浜が仲川輝人のJ1令和初ゴールで開幕以来の連勝!広島は手痛い3連敗

抗酸化工法で施工することにより、続々とホルムアルデヒド・VOC 「ゼロ」という驚異的な数値を達成し、真のシックハウス対策として普及が加速しています。
また、抗酸化工法により作り上げられた空間は、目に見えない善玉菌・悪玉菌のバランスを整えることにより“水を”、“空気を”、薬に 変え、健康回復のお手伝いをします。

勝ちたい気持ち……あったとしても
抗酸化工法で施工した住宅の写真
抗酸化工法イメージ写真

環境回復サロンの特徴は、抗酸化工法により施工された室内と、抗酸化溶液の効力を最大限引き出せるように、智慧と技術の粋を集めた抗酸化タイルを使っています。そして、床温を50℃前後に温めたタイルの上に寝ているだけで、酸化の鎖をはずす波長が身体を癒し、バランスを整えていく空間を作り上げています。室温は42~45℃で、湿度は0~20%前後に保たれています。
一般的に考えると、湿度ゼロであれば、のどや眼の粘膜が乾燥し、数分程度でさえ苦痛に感じます。しかし、環境回復サロンでは、一般的なサウナや岩盤浴のような暑苦しさ・息苦しさを感じません。

【J1展望】|C大阪×G大阪|通算38回目の「大阪ダービー」…4連勝中のセレッソは約7年半ぶりの勝利なるか?
【J1展望】横浜×神戸|中盤の攻防が鍵を握る今年最初の「ミナトマッチ」

施設全体を抗酸化処理することにより嫌な臭いもせず、雑菌やカビの繁殖も無いので室内は常に衛生が保たれます。
環境回復サロンにより、血液・リンパ液・漿液などの体液の循環を促進し、自律神経・免疫・ホルモンバランスが正常に働く効果が期待できます。
また細胞の新陳代謝を活発にして、皮膚を滑らかにします。さらに、体内に蓄積されてきた化学物質や老廃物を体外に出す作用(デトックス)がさまざまな病気に効果をもたらすと考えています。

抗酸化工法イメージ写真
この成績を指揮官ポステコグルーはどう評価する?
「契約は英断だ!」「最高クラスの選手」「フィルミーナミノ?」南野拓実の電撃加入をリバプールサポも熱烈歓迎! | サッカーダイジェストWeb

【横浜】いくつもの“青空ミーティング”が結束力をさらに高めて-ウエア

ページトップへ